2019年 5月 27日 (月)

1月から始める花粉症対策 2016年の春は「シジュウム茶」で乗り切る!

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   鼻水ダラダラ、喉はイガイガ、目もかゆくて涙が...。こんな症状で、毎年春先ごろから悩む人が続出する「花粉症」。

   これらの症状をやわらげる効果があるとされる、「シジュウム茶」というお茶を知っているだろうか。花粉の時期が近づいてからではなく、年明けから始めることで、2016年の春はグンと楽になるかもしれない。

  • 少しでも楽になりたい…
    少しでも楽になりたい…

甜茶よりも効果が高い?

   「シジュウム茶」は、南米の熱帯地方原産の植物「シジュウム」を使ったお茶だ。

   お茶で花粉症対策というと「甜茶(てんちゃ)」がよく知られているが、第54回日本アレルギー学会総会(04年11月開催)では、シジュウム茶と甜茶のアレルギー性鼻炎に対する効果を比較したところ、甜茶よりもシジュウム茶の方がより効果があった、という研究結果が発表された。

   厚生労働省が公表した、花粉症患者の民間療法の評価でも、シジュウム茶が効果があったと評価した患者は40%で、甜茶の14%を大きく上回っている。

   ツイッターでは、あまりメジャーなお茶ではないからかレポートは少ないが、

「医学的に立証されてるのかは知りませんが、私はシジュウム茶(グァヴァ茶系)を飲んでたら治りました」
「シジュウム茶飲んでるとじわじわ花粉症の症状が治まっていく」

と、確かに花粉症に悩んでいる人から「効果があった」との報告が見つかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中