礼儀正しい"小さな英国紳士"は野生のクマ!?...世界3500万部の児童文学を初実写映画化「パディントン」

印刷

   映画「パディントン」が2016年1月15日に全国の映画館で公開される。

   真っ赤な帽子をかぶった"小さな紳士"が、ペルーからイギリス・ロンドンへはるばる家を探しにやって来た。英国紳士らしく丁寧な言葉遣いで道を行く人に話しかけるが、誰からも相手にされない。なぜなら、彼が"クマ"だから!

   親切なブラウン夫人に、出会った駅名を取り「パディントン」と名付けられ、都会での暮らしを始めるが、野生の本能が顔を出しドタバタの連続。しかし純粋で礼儀正しいパディントンは子供たちとも仲良くなり、街の人気者に。ところがある日、彼をつけ狙う謎の美女・ミリセントに誘拐されてしまう―。

   40か国語以上で翻訳され、世界で3500万部を売り上げたマイケル・ボンド原作の児童文学シリーズを実写映画化。イギリスに憧れるおじさんに育てられ、礼儀正しく美しい言葉遣いの正統派英国紳士ながら、モフモフの毛に覆われた野生のクマ・パディントンの声を、「007シリーズ」などに出演するベン・ウィショーが担当。そのほかミリセントをニコール・キッドマンが演じる。ポール・キング監督。

  • 19世紀のロンドンを再現した街並みも見どころ
    19世紀のロンドンを再現した街並みも見どころ
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中