2018年 10月 22日 (月)

アップル傘下「Beats by Dr. Dre」から新Bluetoothスピーカー「Beats Pill+」 ダイナミックで臨場感あふれるサウンド再生

印刷

   アップル傘下で各種オーディオ機器を手がけるアメリカのBeats by Dr. Dre(ビーツ・バイ・ドクタードレ)は、Bluetoothワイヤレススピーカー「Beats Pill+(ビーツ・ピル・プラス)」を2016年1月15日に発売する。

  • 2台をつなげばステレオ再生も可能
    2台をつなげばステレオ再生も可能
  • 専用アプリをインストールしたスマホから操作やプレイモードの変更ができる
    専用アプリをインストールしたスマホから操作やプレイモードの変更ができる

専用アプリ「Beats Pill+App」からプレイモード変更などの操作が可能

   小型で丈夫なボディでバッグなどに入れて持ち運べる。上部の「b」ボタンをタッチするだけで再生や一時停止、選曲などの操作が可能だ。2台接続すればステレオ再生も対応する。

   従来モデルと比べ、より臨場感あふれるサウンドを実現。世界のプロ録音スタジオで使用されている音響メカニクスを採用した2ウェイの「ステレオアクティブ・クロスオーバーシステム」により、様々なジャンルの音楽をダイナミックかつクリアに再生する。スピーカーホン対応。

   専用アプリ「Beats Pill+App」をインストールしたスマートフォンなどの機器からスピーカー操作やプレイモードの変更などを行える。3時間の充電で約12時間の連続再生が可能なバッテリーを内蔵し、スマホやポータブルプレイヤーなどを充電できる機能を備える。カラーはブラック、ホワイトの2色。

   価格は2万8800円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中