「テクニクス」ブランド復活、多彩な音楽コンテンツ再生を手軽に パナソニックからCDステレオシステム「OTTAVA」

印刷

   パナソニックは、「Technics(テクニクス)」ブランドからCDステレオシステム「OTTAVA(オッターヴァ) SC-C500」を2016年1月22日に発売する。

  • 外観や操作時の美しさにもこだわる
    外観や操作時の美しさにもこだわる

コンパクトボディに上位機種の技術を搭載

   コンパクトな本体に上位機種の技術を搭載した"オールインワンタイプ"。192kHz/32bitまでのPCMや5.6MHzまでのDSDなどCDを超える高音質のハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源のネットワーク再生のほか、CD、USBメモリー、スマートフォン(スマホ)/タブレットに保存された音源など、多彩な音楽コンテンツの再生を手軽に楽しめる。水平方向に回転して開くCDカバーなど、外観と操作時の美しさにもこだわっているという。

   センターユニットに15年2月発売のリファレンスクラス「R1シリーズ」でも採用したフルデジタルアンプ「JENO Engine」を搭載し音源の魅力を引き出す。スマホ/タブレット用アプリ「Technics Music App」から、音源選択やボリューム調整などの操作・設定が可能だ。

   スピーカー部は上下に8センチのウーハーユニットを対向配置。音を水平方向に拡散する「ディフューザー」、らせん状の「スパイラルアコースティックチューブ」を採用し、コンパクトながら豊かで広がりある低音を楽しめるという。加えて100kHz再生対応のマルチツィーターと独自設計のホーンによる指向性の広い高域再生を実現している。

   価格は20万円(税別)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中