大寒の日にとれた卵のみを使った「あづみ野バウム」 2700個限定

印刷

   「あづみ野菓子工房 彩香」(長野県安曇野市)は、バウムクーヘン「大寒たまご限定 あづみ野バウム」を2016年1月22日から2700個限定で発売する。

  • 長野県産の素材にこだわった
    長野県産の素材にこだわった

口どけ良く仕上がった

   今年で6年目となる大寒の日に産まれた「大寒たまご」のみを使ったシリアルナンバー付きのバウムクーヘン。

   小寒から節分までに生まれた卵は「寒たまご」として、古代より「食べると一年無病息災で送れる」と伝えられてきた。産卵数が少ない時期の卵なため、滋養分が多く、濃厚な味わいになる。

   小麦粉に、長野県産の小麦「しゅんよう」と「ユメセイキ」を合わせた「信濃のめぐみ」を使っており、しっとりとした食感を楽しめる。はちみつも長野県産のアカシアはちみつを使っている。

   シャリシャリとした表面の食感、生地はしっとり、ふわふわと、口どけ良く仕上がった。

   価格は税込1728円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中