"サブロー信長"最終章、ドラマ版キャスト再集結 映画「信長協奏曲」23日公開

印刷

   小栗旬主演の映画「信長協奏曲(のぶながコンツェルト)」が2016年1月23日から全国の映画館で公開される。

   戦国時代にタイムスリップした高校生サブロー(小栗)は、同じ顔の織田信長(小栗2役)と入れ替わり、信長として生きていくことに。歴史音痴のため史実を知らないまま、歴史通りのことを成し遂げながら遂に安土城を完成。天下統一も間近という矢先、手にした歴史の教科書で自分(信長)は死ぬ運命だと知る。その運命に抗い生き抜く決意を固め、京都・本能寺で正室・帰蝶(きちょう)との結婚式を企画。「本能寺の変」があった1582年(天正10年)、本能寺で彼を待ち受けるものとは!?

   小学館「ゲッサン(月刊少年サンデー)」で連載中のコミックを原作に、14年放送のテレビアニメ、ドラマ、そして遂に劇場版の今作で"サブロー信長"が最終章を迎える。帰蝶を柴咲コウ、生真面目な家臣・池田恒興を向井理、信長をつけ狙う羽柴秀吉を山田孝之、戦より女子が好きな徳川家康を濱田岳ら、ドラマ版キャストが勢揃いする。

  • 本能寺の変で一体何が起こるのか!?
    本能寺の変で一体何が起こるのか!?
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中