2018年 7月 21日 (土)

TV放送やネット動画、ゲーム、BD...様々なコンテンツを高精細化する超解像エンジン搭載 ソニー「BRAVIA」

印刷

   ソニーは、液晶テレビ「BRAVIA(ブラビア)」から48V型「KJ-48W730C」を2016年1月23日、40V型「KJ-40W730C」と32V型「KJ-32W730C」を2月6日に、それぞれ発売する。

  • 外付けHDD録画やネット動画、スマホ連携など機能充実
    外付けHDD録画やネット動画、スマホ連携など機能充実

32Vモデルは動きの激しいゲームもストレスなし「ゲームモード」搭載

   いずれも超解像エンジン「X-Reality PRO」を搭載。デジタルハイビジョン放送やインターネット動画、ゲーム、ブルーレイディスクなどの様々な解像度や画質のコンテンツを高精細な映像に作り変えリアルに再現する。

   2チューナーを搭載し、別売のUSB HDD(ハード・ディスク・ドライブ)を接続すれば、番組視聴中に裏番組の録画が可能だ。無線LANを備え、「YouTube」「Netflix」「Hulu」などの動画配信サービスを楽しめる。スマートフォン/タブレットからの操作や番組関連情報を閲覧できるiOS/Android向けアプリ「TV SideView」に対応。

   「32W730C」は動きの激しいゲームもストレスなくプレイできる「ゲームモード」を搭載する。

   市場想定価格は、「48W730C」が13万円前後、「40W730C」が8万8000円前後、「32W730C」が7万8000円前後(全て税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中