「いつもお仕事ご苦労様!」優しいメッセージの横には謎のQRコード... 「本音を伝える成熟カップル向けチョコ」ってなんだ

印刷

   バレンタインは恋人や好きな人に普段伝えられない感謝や熱い気持ちを伝える甘酸っぱいイベントである。そんな大多数の日本人が共有しているであろうイメージとは一線を画すコンセプトでバレンタイン商戦に打って出た和菓子屋があった。

   創業64年の老舗・菓子匠末広庵(神奈川県川崎市)は2016年1月29日から「宇治のお濃茶ショコラ大福」を販売する。一見すると普通のスイーツだが、その売り文句は

「愛だの恋じゃない、『本当に伝えたいことが伝わる』成熟カップルのためのバレンタイン」

だという。一体どういうこと?

  • とりあえずQRコードを読み取ってみよう
    とりあえずQRコードを読み取ってみよう
  • 宇治抹茶をたっぷり使った濃すぎるほど濃いスイーツ
    宇治抹茶をたっぷり使った濃すぎるほど濃いスイーツ

普段言えない本音や不満をしれっと伝えるメッセージカードつき

   ショコラ大福は宇治抹茶をたっぷり練りこんだベルギー産ホワイトチョコレートをお餅で包んだ「濃すぎるくらい濃い」一品で、バレンタイン期間限定商品だ。菓子匠末広庵はこれを予約した人に「QRコードでしれっと本音を伝えられるメッセージカード」を無料でつけるという。

   カードには「いつもお仕事ご苦労様です」といった相手への思いやりを伝える言葉の横にQRコードが印刷されている。実はメインはこのQRコード。購入者は、普段面と向かって伝えることが難しい本音や不満を、このQRコードに仕込んで相手に渡すのだ。

   たとえば「たまには酒を飲まずに帰ってこい!」という夫への不満から、上司に向け「今度有給取らせてください!」といった仕事の要望、「そろそろプロポーズして」という彼氏へのヘビーなお願いまで、さまざまなメッセージを忍ばせることができる。

   表のメッセージは22文字以内、本音メッセージは23字以内で好きな言葉を入れられる。メッセージカードの作成申し込みは受け取りの3日前までで、値段は4個入り799円(税込)。

   なお、「メッセージによる男女間のトラブルについて菓子匠末広庵は一切の責任を負いかねる」とのことだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中