2018年 7月 18日 (水)

ウルトラマン、ゼットン、ダダをモチーフ シチズン時計、「A MAN of ULTRA」とのコラボウオッチ3モデル発売

印刷

   シチズン時計は、円谷プロダクションの「ウルトラマン」と、ウルトラマンシリーズなどでおなじみの「宇宙恐竜ゼットン」「三面怪人ダダ」をモチーフにしたリストウオッチを2016年2月2日に発売する。シチズンのファッションウオッチブランド「INDEPENDENT(インディペンデント)」と円谷プロ、それに同プロとフィールズによるライセンスブランド「A MAN of ULTRA(ア・マン・オブ・ウルトラ)」とのコラボレーションにより誕生した。

  • ウルトラマンと伝説の怪獣を腕に!
    ウルトラマンと伝説の怪獣を腕に!

ウルトラマンシリーズ誕生50周年、インディペンデントは20周年

   2016年は、ウルトラマンシリーズ誕生50周年、シチズンのインディペンデントは誕生から20周年で、ともにアニバーサリーイヤーを迎えた。

   インディペンデントでは20周年の節目の年にあたり、新たな挑戦「ニッポンのKAKKOII(かっこいい)、ニッポンのSUGOI(スゴイ)!プロジェクト」を始動。世界を舞台に活躍する、日本のファッ ションや音楽をはじめ、ゲームやアニメといった様々なエンタテインメントとコラボレーションしながら、新しいムーブメントを仕掛けることにしており、その第一弾が、このウルトラマンシリーズをめぐるコラボレーションだ。

   「ウルトラマンモデル」は、全体をシルバーでまとめつつ、針とインデックスに赤色をポイントで使うことで「ウルトラマン」のカラーリングを表現。文字板に故郷の「M78」星雲の文字を配置することで分かる人にはすぐ分かる絶妙なデザインに仕上がっている。

   「ゼットンモデル」は、ウルトラマンを初めて倒した怪獣ゼットンのボディカラーである黒色をベースに、12時と7時の位置にそれぞれゼットンの印象的な顔と胸の柄を黄色で表現。また、文字板に描いた「SPACE DINOSAUR ZETTON」の文字もデザインポイント。

   「三面怪人ダダモデル」は、特徴的なボディ柄をそのまま文字板に使い、目と唇の赤色を針に使用することで「三面怪人ダダ」を表現。また、ダダモデルのみボディのディティールを想像させる凹凸のあるシリコーンバンドを採用。よりイメージを膨らませるデザインに仕上がっている。

   いずれも希望小売価格(税抜)は2万7500円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中