北欧の極夜に思い馳せ、厳冬に聴く...フィンランドの現代作曲家ラウタヴァーラの"鳥の声とオーケストラの競演"

印刷

   暦的には大寒を過ぎましたが、寒い日々がつづいています。冬至は12月ですから日は長くなりつつあるのですが、日本では最も気温が下がるのは、1月下旬から2月にかけてですね。

    寒さを感じるこの時期に、極北の鳥たちの声を聴ける曲、「カントゥス・アルティクス」をご紹介しましょう。

  • 作曲者ラウタヴァーラの1950年代の肖像
    作曲者ラウタヴァーラの1950年代の肖像
  • 作曲者近影
    作曲者近影
  • カントゥス・アルクティクス 1曲目の楽譜
    カントゥス・アルクティクス 1曲目の楽譜

冬の2か月間、太陽は沈んだまま

   作曲者は、エイノユハニ・ラウタヴァーラです。北欧フィンランドはヘルシンキの出身です。ヨーロッパの国々は、日本と比べるとずいぶんと北のほうにある国ばかりなのですが、先週のカリンニコフのロシアと並んで、文字通り北の国、と形容できるのが北欧3国です。中でも、フィンランドは、国土の一部が北極圏に入っています。夏のシーズンには1日中太陽が沈まない白夜があったりしますが、逆に冬は、1日中太陽が昇らない日もあるわけです。極夜、というそうです。もちろん白夜と極夜があるのはフィンランドでも北のほう、北極圏に入っているところのみですが、その地域では、冬の2か月間、太陽を拝むことができないわけです。もっとも太陽自体が地平線の下にあっても、空は明るくなり、周囲は雪による白銀の世界ですから、思ったよりは明るくなるそうです。

   そんな、北国のフィンランドの作曲家といえば、一番有名なのが「フィンランディア序曲」などを書いたシベリウス(1865~1957)です。1928年生まれのラウタヴァーラは、彼の名を冠した首都の音楽院で音楽学と作曲を学び、そのあと、アメリカとドイツのケルンでも勉強をつづけました。

「カントゥス・アルティクス」=「極北の歌」

   この曲の題名、「カントゥス・アルティクス」作品61は1973年の作品で、題名は、ラテン語で「極北の歌」という意味です。副題として、鳥たちとオーケストラのための協奏曲と名付けられていますが、実際の鳥を演奏会場に連れてきて意のままに歌わせることは不可能ですので、鳥の声は録音を使います。作曲者自身が録音機を持って、北の土地を歩き回って録音してきた素材を使うのです。全体で17分程度のあまり長くない曲ですが、3楽章にわけられ、それぞれ、「湿地」「メランコリー」「白鳥の渡り」という題名がつけられています。題名だけでも、フィンランドの北のほうの風景を思い起こされますね。管楽器は、鳥の声を模したりしますが、弦楽器は、ほとんど静かに音を出すだけで、北極圏の土地の静かさを演出しています。副題からすると鳥たちが主役のようにも思えますが、聴いてみると、鳥はあくまで風景の一部で、北の大地の厳しい寒さや、静かな風景が想像される独特の雰囲気に包まれます。

    ラウタヴァーラはほかにもたくさん作品を書いていますが、北欧の作曲家らしい、北の大地を描いたこの曲が、一番有名で、よく演奏され、代表作となっています。少しさびしさを感じますが、冬が厳しいこの時期、さらに北の大地に思いを馳せながら、聴いてみたい幻想的な曲です。

本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール

私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミ エ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中