ホンダ「モンキー」に新色モデル アドベンチャーのイメージで個性を際立たせ

印刷

   ホンダは、原付きレジャーバイク「モンキー」に新色を追加し2016年2月12日に発売する。 1967年に公道走行可能な「モンキーZ50M」を初代モデルとして発売。小柄で愛らしいボディや粘り強く扱いやすい4ストロークエンジンなど、幅広い年代に好評を得ているロングセラーモデルだ。

   新色はコンパクトで愛らしい伝統のスタイルにアドベンチャーイメージを表わすため、落ち着いたハーベストベージュをベースカラーに採用。また、ワイルドなイメージを強調したカモフラージュ模様と、オレンジのパイピングを施したシートや、力強さを表現したオレンジの結晶塗装を施したシリンダーヘッドカバーなど、オレンジ色を各部へ効果的にレイアウトすることでモンキーの個性を際立たせたという。

   さらに、タンクにはヘルメットとゴーグルを身に付けた、オリジナルデザインの愛らしい「猿」をモチーフにしたタンクバッジを採用している。

   メーカー希望小売価格は33万6960円(税込)。

  • 個性が際立つモンキーの新色追加!
    個性が際立つモンキーの新色追加!
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中