2018年 9月 20日 (木)

初公開作品多数...東京・練馬区立美術館で「歌川国芳とその系脈 武蔵野の洋画家 悳俊彦コレクション」開催

印刷

   東京・練馬区立美術館で2016年2月19日から「国芳イズム―歌川国芳とその系脈 武蔵野の洋画家 悳俊彦コレクション」が開催される。4月10日まで。

   悳俊彦氏は、一貫して武蔵野の自然を描いている風土会所属の洋画家。同時に、幕末の代表的な浮世絵師・歌川国芳や、その門弟で最後の浮世絵師と称される月岡芳年などの幕末・明治期の浮世絵に早くから着目しコレクションしている。

   同展は、初公開の作品を多数含む、悳俊氏の幕末・明治期の浮世絵コレクションを紹介し、武蔵野を描く悳氏の油彩画も併せて展覧する。

   観覧料は、一般800円、高校・大学生および65~74歳600円、中学生以下および75歳以上無料、障害者(一般)400円、障害者(高校・大学生)300円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中