初公開作品多数...東京・練馬区立美術館で「歌川国芳とその系脈 武蔵野の洋画家 悳俊彦コレクション」開催

印刷

   東京・練馬区立美術館で2016年2月19日から「国芳イズム―歌川国芳とその系脈 武蔵野の洋画家 悳俊彦コレクション」が開催される。4月10日まで。

   悳俊彦氏は、一貫して武蔵野の自然を描いている風土会所属の洋画家。同時に、幕末の代表的な浮世絵師・歌川国芳や、その門弟で最後の浮世絵師と称される月岡芳年などの幕末・明治期の浮世絵に早くから着目しコレクションしている。

   同展は、初公開の作品を多数含む、悳俊氏の幕末・明治期の浮世絵コレクションを紹介し、武蔵野を描く悳氏の油彩画も併せて展覧する。

   観覧料は、一般800円、高校・大学生および65~74歳600円、中学生以下および75歳以上無料、障害者(一般)400円、障害者(高校・大学生)300円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中