「YAWARA」「20世紀少年」の原点に触れる...原稿から少年時代の漫画ノートまで!「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる」

印刷

   「YAWARA!」や「20世紀少年」「21世紀少年」などで知られる漫画家、浦沢直樹さんの"創作の全貌"を紹介するという「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる」が東京・世田谷文学館で2016年3月31日まで開催している。

   単行本丸ごと1冊分の直筆原稿をはじめ、ストーリーの構想メモ、ネーム、秘蔵のイラストやスケッチ、少年時代の漫画ノートまで、多くの手稿が公開されている。

   2月28日にはトークイベント、3月12日には、漫画を描くかたわらバンド活動をおこなっている浦沢さんらのライブが予定されている。いずれも事前申込制で、参加費は有料。

   観覧料は、一般800円、高校・大学生・65歳以上600円、小・中学生300円、障害者手帳をお持ちの方400円(介添え者1名まで無料)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中