ミクロの世界を大画面テレビやモニターで...HDMI顕微鏡「HidemicronFHD」

印刷

   パソコン周辺機器などを手がけるテック(大阪市)は、HDMI顕微鏡「HidemicronFHD」を2016年2月中旬に発売する。

   miniHDMI出力ポートを搭載し、HDMI端子のあるフルHD(1920×1080ピクセル)液晶テレビやディスプレイモニターに毎秒30コマで映像出力し、ミクロの映像を大画面で見られる。microSDHCカードスロット(最大32GB)を備え、デジタルカメラと同様の感覚で画像の保存やプレビュー表示できる。光学ズームは最大220倍、シャッタースピードは1~1/1000秒。

   電源は付属のAC-USBアダプターを使用。HDMIケーブル、USBケーブル(いずれも長さ3メートル)、スタンド、スケーラーなどが付属する。

   市場想定価格は2万9800円(税別)。

  • microSDHCスロット搭載、デジカメ感覚で画像撮影も可能
    microSDHCスロット搭載、デジカメ感覚で画像撮影も可能
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中