映像の明暗差が豊か「HDR」規格対応の4K液晶テレビ「VIERA DX750」シリーズ

印刷

   パナソニックは、4K液晶テレビ「VIERA(ビエラ)」から「DX750」シリーズ、55V、49V、43V型3機種を2016年2月19日に発売する。

   明るく映し出す4K解像度(3840×2160ドット)の高輝度高色域液晶パネルを搭載。LEDバックライトに、より純度の高い赤色蛍光体を採用し、より鮮やかな赤色の表現を可能にしたほか、新パネル表面加工により照明や外光の映り込みの低減を図った。映像の明暗差を豊かに再現するUltra HDブルーレイの「HDR(ハイダイナミックレンジ)」規格に対応する。

   大容量スピーカーボックスを採用した歪みの少ない低音再生と、最大30ワットの高出力アンプによる力強い音表現の「ダイナミックサウンドシステム」を前モデルから引き続き搭載。

   デジタル3チューナーを搭載し、別売のUSBハードディスクを接続すれば、番組を視聴しながら2つの裏番組を同時録画可能。コンテンツ保護技術「SeeQVault」対応で、将来の買い換えにも備えられる。スマートフォン/タブレットで録画番組を楽しめる「外からどこでもスマホで視聴」に加え、「NETFLIX」「dTV」「4Kアクトビラ」「ひかりTV 4K」などのオンライン動画配信サービスに対応する。

  • より鮮やかに、よりダイナミックに進化した「ビエラ」
    より鮮やかに、よりダイナミックに進化した「ビエラ」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中