2018年 7月 22日 (日)

スリーエフ、横浜・啜磨専科の限定メニューを再現した「バジル味噌つけ麺」発売

印刷

   コンビニエンスストアチェーンのスリーエフは2016年2月17日、ラーメン店「啜磨専科(すすりませんか)」(横浜市)監修の「バジル味噌つけ麺」を発売。

   「啜磨専科」は、横浜の人気ラーメン店「G麺7」の店主である後藤将友氏が11年に2号ブランドとして立ち上げた、つけめんが看板のラーメン店。スリーエフの「バジル味噌つけ麺」では、昨年「啜磨専科」で発売された限定メニューを再現した。

   魚介は使わず、鶏と豚、野菜の旨みを抽出。2種類の味噌をブレンドしてコクのあるスープとなっている。オリーブオイルを加えることで、動物系の出汁がしつこくならないようキレを出した。

   最大の特長は、「バジルとドライトマト」。スープに加えることで、香りとアクセントをつけて飽きのこない味わいに仕上げた。

   めんは弾力とつるみを重視し、ほぐしやすいよう丸型に。トッピングされたモロヘイヤとめんをまぜることでよりスープに絡みやすくし、メニューの再現を目指した。

   価格は498円(税込)。

  • 「バジル味噌つけ麺」
    「バジル味噌つけ麺」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中