同性結婚式挙げたLGBTのタレント、一ノ瀬文香さん初自叙伝

印刷

   双葉社(東京都新宿区)は、LGBT(性的少数者)であることを公表し同性結婚式を成し遂げたタレント・一ノ瀬文香さんの自叙伝「ビアン婚。」を、2016年2月19日に全国書店で発売。

   09年にレズビアンであることを週刊誌でカミングアウトし、現在はタレント・コメンテーターとして活躍。女性らしさを求められることに違和感を覚えた幼少期の記憶から、性の目覚め、女性同士の恋愛事情、ADHD(注意欠陥多動性障がい)の診断、そしてパートナー・杉森茜さんと15年に結婚式を挙げるまでの半生が綴られている。

   あらゆる困難を乗り越えてきた半生は、LGBT当事者だけではなく多くの人に勇気を与える内容だ。

   サイズは四六判・192ページで、価格は1300円(税抜)。

  • 15年に同性結婚式を挙げた二人
    15年に同性結婚式を挙げた二人
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中