衛星電波で時刻修正「セイコー スペースリンク」から小ぶりな木枠タイプとスタイリッシュなモダンタイプの掛時計

印刷

   セイコークロックは、衛星電波を受信して時刻修正する「セイコー スペースリンクシリーズ」から、掛時計「GP215B」、「GP216B」、「GP216W」の3機種を2016年2月26日に全国で発売する。

   GP215Bは、木枠タイプで、やわらかな質感のラバーウッドを使用し、インテリアに温かみを添える。また、小ぶりながら視認性が高く、さまざまな部屋に合わせやすいデザインとなっている。

   GP216BとGP216W は、スタイリッシュでモダンな空間に映える仕立てになっている。また、ガラスに数字を置くことで、軽やかな印象に仕上がっている。茶色と白色の2色を用意。それぞれ見やすさにこだわった針や数字を採用している。

   いずれも、GPS衛星から発信される電波の受信可能な距離が平均約15m(電波の進入口となる建物開口部から計測)と、従来の電波時計と比べて約5倍に拡大。これまでは受信しにくかった鉄筋コンクリート造りの建物(マンション等)でも使いやすくなっている。また、時刻情報の受信に4分以上を要していた従来の電波時計より、時間修正にかかる時間を大幅に短縮。最短で10秒で時刻情報を受信する。

   希望小売価格(税抜)は、GP215Bが2万5000円、GP216BとGP216W は2万円。

  • 左から、GP215B、GP216B、GP216W
    左から、GP215B、GP216B、GP216W
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中