2018年 9月 19日 (水)

「たいやき 神田達磨」の新しいスタイルの店舗が3月、東京・池袋にオープン

印刷

   創業9年目の元祖・羽根つきたい焼き「たいやき 神田達磨」を東京都内で展開するルーツ(東京都千代田区)は2016年3月上旬、ブランド初となる店内販売スタイルの「和菓子・たい焼き 神田達磨 池袋店」をオープンする。

   雨や強風などどんな時でも快適に、じっくりと商品を選ぶことができる。

   店舗デザインは、「職人気質」をモチーフに、店頭には白瓦の垂直張り工法を採用。店内は白竹・漆喰壁、白タイルの床を基調に清潔感と気品ある空間をつくり、現代アートの巨匠・井上文太氏によるデザインの鯛ロゴを直径800mmのLED看板に仕上げた。

   「おてごろ価格の和菓子ラインナップの充実」にもこだわりが。1つ150円前後の価格設定で、スーパーやコンビニ以上の品質を百貨店にはない手軽さで提供。ちょっとした手土産購入にも使える店となっている。

   看板商品の「羽根付きたい焼き」(150円~)のほか、自家製「かりんとう饅頭」(110円)などを販売する予定。なお、オープン日から3日間「羽根付きたい焼き」の購入者を対象に、一人につき「かりんとう饅頭」1個をプレゼントするキャンペーンを開催する予定。

   所在地は豊島区西池袋5-1-7。JR山手線池袋駅西口から徒歩7分、佐久間ビル1階。

   営業時間は月曜日から土曜日が12時から23時、日曜日と祝日は22時まで。

  • 看板メニューの「羽根付きたい焼き」
    看板メニューの「羽根付きたい焼き」
  • 「かりんとう饅頭」
    「かりんとう饅頭」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中