LINEからフード専用カメラアプリ「Foodie」 魅力的に食べ物撮れる機能満載

印刷

   無料のコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」などスマートフォンアプリを手がけるLINE(東京都渋谷区)は2016年2月16日、フード専用カメラアプリ「Foodie(フーディ)」の配信を始めた。

   食べ物の撮影に特化。「肉料理」「お寿司」「ケーキ」など様々なジャンルの食べ物を魅力的に加工できる24種類の「食べ物フィルター」を搭載。グルメ情報誌などでみられる、真上のアングルからの写真撮影が簡単にできるよう、0度の水平になっているかどうかを色で知らせる「ベストアングル」機能など、魅力的な食べ物写真を撮影するための機能を豊富に備える。

   食べ物以外の部分にぼかしをかけ、一眼レフカメラで撮影したような写真が撮れる「アウトフォーカス機能」、暗所撮影が可能な「明るさ調整機能」、「トーチ機能」などの加工オプションを搭載。そのほか「LINE」はもちろん、「facebook」「Instagram」「Twitter」などSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)への「共有機能」などカメラアプリとしての基本的な機能も押さえる。

   対応端末はiPhone、Android。

   ダウンロードおよび利用料金は無料。

  • 「いいね!」やリツイートをより多くもらえるグルメ写真を
    「いいね!」やリツイートをより多くもらえるグルメ写真を
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中