東京タワーや神宮球場、広島城・原爆ドーム周辺をフルカラー3 D 再現 「立体地図を額縁に入れて飾る」という新提案

印刷

   3Dプリント出力サービスを手掛けるアイジェット(東京都港区)が実際の地図を3Dプリンタで立体化したジオラマ「3D Print Maps(プリントマップ)」の販売を2016年2月22日に開始した。

   地図製作大手・ゼンリン(福岡県北九州市)が提供している「3D都市モデルデータ」を使うことで、建物の形状から地形までリアルに再現した立体オブジェだ。壁に飾れるよう額縁フレームに入った立体地図は、アートとして鑑賞にも堪えうるスタイリッシュな仕上がり。

  • 立体地図を額縁に入れるとスタイリッシュなオブジェに
    立体地図を額縁に入れるとスタイリッシュなオブジェに
  • 部屋を彩るアートオブジェ
    部屋を彩るアートオブジェ

周辺の樹木やサッカーコートのラインまで出力

   ゼンリンは2014年から東京23区をはじめ全政令指定都市中心部の3Dモデルデータを提供している。データは建築シミュレーション、ドライブシミュレーション、ゲーム開発など多岐にわたって利用されている。

   今回アイジェットが発売するのは、港区の東京タワー周辺、新宿区の神宮球場周辺、広島市の広島城および原爆ドーム周辺の3エリアの地図を立体化したものだ。石膏パウダーを特殊樹脂で硬化させた素材に、樹脂塗膜をコーティングして仕上げた。

   実際のデータもとに作られているので、複雑な建物の形状から周辺の樹木、サッカーコートのラインまでフルカラーで忠実に再現されている。100mm、150mm、300mm四方の3サイズを用意しており、150mm、300mm両サイズは壁にかけられる額縁が付属。西洋絵画風のフレームに入った立体地図はスタイリッシュなジオラマアートとして部屋を彩る。

   今後販売するエリアの種類を増やしていく予定だ。また、自治体や法人向けに縮尺やエリアをカスタマイズしたオーダーメイドも受け付けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中