福岡ふくや「常温で2年持つ明太子」を開発 加熱・油漬け、缶詰にして長期保存可能に

印刷

   日本で初めて明太子を売り出したしたふくや(福岡市)が常温で2年間保存できる「缶明太子 油漬け」を開発した。2016年3月2日からふくや直営店・オンラインショップなどで販売している。

   福岡土産の定番として知られる明太子は、生ものなので日持ちしないというネックがあった。手土産として「明太子を贈りたい」というニーズにこたえるため、加熱加工をして油漬けにすることで長期保存を実現した。

   明太子の辛さはそのままに、粒の食感をしっかり感じられる加熱方法で香ばしい風味に仕上がっている。

   85グラム入りで756円(税込)。

  • 加熱加工と油漬けで長期保存可能に
    加熱加工と油漬けで長期保存可能に
  • 直球シンプルなパッケージ
    直球シンプルなパッケージ
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中