【3/3】リアルにモフモフしようぜ 可動フィギュア「テッド」...「ビール瓶」と「水パイプ」つき

印刷

   2012年の「テッド」に続き15年にその続編として公開され人気を博した映画「テッド2」。玩具などの製作を行うマックスファクトリー(東京都千代田区)は、同社の新世代アクションフィギュアシリーズ「figma」で、映画に登場した"生きた"テディベア「テッド」の稼働フィギュア「figmaテッド」を手がけ、2016年3月3日から予約の受付を始めた。

   スムーズにかつ、きっちり決まるfigmaオリジナル関節パーツで劇場のあらゆるシーンを再現できるという。

   表情は可動式の眉・微笑み口・笑い口・不機嫌口のパーツを組み合わせて豊かに変わる。

   付属品は劇中の印象的なポーズを再現できるという「座り足パーツ」、「ビール瓶」、「水パイプ」の3点。

   稼働支柱付きの専用台座もセット。

   価格は3200円(税込)。

  • 付属品をうまく使って
    付属品をうまく使って
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中