米ミュージカル映画の古典を一挙公開「ミュージカル映画特集-ジャズで踊って」

印刷

   東京都渋谷区円山町の「シネマヴェーラ渋谷」では2016年3月5日から25日まで、アメリカのミュージカル映画の古典作品を上映する「ミュージカル映画特集-ジャズで踊って」が開催される。

   ジャズやミュージカルの批評家である瀬川昌久氏の著書「瀬川昌久自選著作集 1954~2014 チャーリー・パーカーとビッグ・バンドと私」が刊行されたのを記念しての開催。

   上映されるのは、アメリカのミュージカル映画黄金期の立役者、フレッド・アステアとその名パートナー、ジンジャー・ロジャースが主演する「踊らん哉」「トップ・ハット」や、ダンスのフォーメーションによって幾何学的な画面を作った監督兼振付師のバスビー・バークレー振り付けによる「ゴールド・ディガース」「四十二番街」など。

   ミュージカル映画の傑作と言われる「雨に唄えば」も上映される。

   5日、6日、19日には、瀬川氏によるトークショーが行われる。

   入場料(2本立て)は、一般1400円、シニア・会員1000円、大学高校生800円、中学生以下500円。

  • シネマヴェーラ渋谷
    シネマヴェーラ渋谷
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中