3年に1度「六本木クロッシング」5回目の開催...歴史や身体、性、風景をみる現代のアーティストの目

印刷

   日本のアートシーンを総覧する定点観測的な展覧会という「六本木クロッシング2016展:僕の身体(からだ)、あなたの声」が2016年3月26日から、東京・六本木ヒルズにある森美術館で開催される。7月10日まで。

   2004年から3年に1度開催されているシリーズ展。5回目となる今回は、日本、韓国、台湾の4人のキュレーターによって選ばれた、20組のアーティストのバラエティーに富んだ作品が展示される。

   歴史や身体、性、風景についての新たなイメージを表現したアーティストにフォーカスし「自己と他者、身体とアイデンティティの関係性」「過去との新たな出会い」「独自の視点で描く、オルタナティブな物語」「人と『モノ』の新たな 関係性を探る」「変容するジェンダーへの意識と未来の可能性」といった切り口で会場は構成されている。

   出展アーティストは、義足の美術家、片山真理さん、漫画や音楽など多彩な表現活動をしている小林エリカさん、遺伝子情報から同性カップル間にできうる子どもをテーマにする長谷川愛さんら。

   開館時間は10時~-22時(火曜は17時まで。ただし5月3日は22時まで)。会期中無休。

   入場料(税込)は、一般1800円、学生(高校・大学生)1200円、子供(4歳~中学生)600円、シニア(65歳以上)1500円。展覧会チケットで展望台「東京シティビュー」も利用できる(屋上 スカイデッキを除く)。

  • 片山真理 《you’re mine #001》 2014年 ラムダプリント 104.8×162 cm 個人蔵 Courtesy: TRAUMARIS, Tokyo
    片山真理 《you’re mine #001》 2014年 ラムダプリント 104.8×162 cm 個人蔵 Courtesy: TRAUMARIS, Tokyo
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中