イギリスの大物ミュージシャン「Underworld」が360度VRライブストリーミング 激レアなアーカイブ映像が渋谷パルコで見られるぞ

印刷

   渋谷パルコ(東京都渋谷区)で2016年3月12日、イギリスのエレクトリック・ミュージック・グループ「Underworld」(アンダーワールド)がライブパフォーマンス「Underworld Live:Shibuya Shibuya, we face a shining future」を開催した。抽選に当たった200人が招待された場所は――渋谷パルコPART3屋上の仮設ステージ。彼らはヘッドフォンを装着し、高揚感あふれるエレクトリックなリズムに酔いしれた。夜の渋谷に音漏れすることなく。

   メイン会場の模様は、2次会場のミニスタジオ「2.5D」(PART1の6階)にライブ配信された。モバイルブランドGalaxyのゴーグル型HMD(ヘッドマウントディスプレイ)「Gear VR」が計9台用意され、約50人が順番に360度ライブストリーミングを楽しんだ。

  • Galaxyの「Gear VR」で360度ライブストリーミングを体験中の、Underworldのファンたち(編集部撮影)
    Galaxyの「Gear VR」で360度ライブストリーミングを体験中の、Underworldのファンたち(編集部撮影)
  • 渋谷パルコの建物の壁面に出現した「UNDERWORLD アンダーワールド」の文字(パルコ提供)
    渋谷パルコの建物の壁面に出現した「UNDERWORLD アンダーワールド」の文字(パルコ提供)
  • 会場は渋谷パルコ(編集部作成)
    会場は渋谷パルコ(編集部作成)
  • 2次会場に用意されたGear VR(編集部撮影)
    2次会場に用意されたGear VR(編集部撮影)
  • 赤い服がカール・ハイドで、機器を操作しているのがリック・スミス(パルコ提供)
    赤い服がカール・ハイドで、機器を操作しているのがリック・スミス(パルコ提供)
  • ライブ映像はJR渋谷駅前「QFRONT」の大型モニターにも放映された(パルコ提供)
    ライブ映像はJR渋谷駅前「QFRONT」の大型モニターにも放映された(パルコ提供)
  • 2次会場の「2.5D」では、ファンが交代で360度ライブストリーミングを体験
    2次会場の「2.5D」では、ファンが交代で360度ライブストリーミングを体験
  • カウンター席でGear VRを装着する人の中には、音楽に合わせて激しく体を動かす人も
    カウンター席でGear VRを装着する人の中には、音楽に合わせて激しく体を動かす人も
  • 渋谷パルコPART1・8Fエスカレータ横に設置されるイベントスペースのイメージ図(プレスリリースより)
    渋谷パルコPART1・8Fエスカレータ横に設置されるイベントスペースのイメージ図(プレスリリースより)

「特等席気分」はGear VRならでは

   今回のライブは、ロンドンに本拠を置き、Underworldが在籍している、世界的に活躍するデザイン集団「Tomato」の結成25周年を記念し、渋谷パルコを中心に渋谷の街と連携して開催される大型企画展「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION "O"」の一環で行われた。

   Underworldは2人組。Karl Hyde(カール・ハイド)とRick Smith(リック・スミス)はTomatoの創立メンバーでもある。日本で2人は、11日に出演した「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に続き、2夜連続のパフォーマンスを披露した。16日にリリースされるアルバム「Barbara Barbara, we face a shining future(バーバラ・バーバラ、ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー)」の収録曲も演奏され、企画展の初日に華を添えた。

   記者は2次会場を取材した。メイン会場の模様がプロジェクターで壁3面に投影され、スピーカーから音声が流れる。限定ライブを同時体験できただけで満足した様子のファンも。

   Gear VRの映像はある面でその上を行くものだった。客席最前列からステージ上までの範囲に3台のカメラが設置され、Gear VRを付けることで360度の合成映像を見られる。サウンドは、イギリスの高級オーディオメーカー、Bowers & Wilkins(B&W、バウワース・アンド・ウィルキンス)製P5ハイファイヘッドフォンを接続して聴く。

   半球形の回転イス「TELEPOD」に座ると、コンテンツの音と連動して振動が伝わる。記者も体験したところ、ライブの臨場感は申し分なく、客席の最前列――いや、Underworldのメンバーになったような気分が味わえた。ステージの隅々まで見たくて、自然とイスを左右に振ったり首を上下に動かしたりしているうちに、時間はあっという間に過ぎた。

   2次会場から出てきた男性に記者は声をかけた。彼は電器店で複数のHMDを試したことがあるそうで、記者よりもVRに詳しかった。

「すごいですね。(Gear VRは)他のHMDと比べてレスポンスが断然いい。機械の映像を見ているという感覚はなく、『360度......うわっ!』と感じるくらい良かったです。Underworldのファンなので、ライブはもう最高でしたよ」

   一方で気になった点もあったそうだ。

「ラグタイムというか、フロアで流れている曲とVRで流れている音にズレがあるのに気づきました。そこがもうちょっと一体感あればと」

   これはHMDの問題というよりライブ配信の宿命というべきだろう。1つの伝達方法に絞っていれば気づかれなかったかもしれない。

レスポンスの早さの秘密は「2つの位置センサー」

   2016年はVR元年と言われている。ゲームや死角のない360度の映像、仮想空間でのコミュニケ―ション――。世界のVR市場をリードしているのが、Gear VRを発売するGalaxyだ。Gear VR専用のオンラインストア「Oculus Store」では、カナダのエンターテインメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」のショーの一部が舞台上の視点で体験できるアプリをはじめ、多種多様なコンテンツが有料/無料ともにそろっている。その数は世界トップクラスだ。

   Galaxyの広報担当者によると、海外アーティストによるVR(バーチャルリアリティ)ライブストリーミングは、「Underworld Live:Shibuya Shibuya, we face a shining future」が日本初。

「ライブ会場の映像を取りこみ、2次会場内ではWi-Fiの電波を飛ばしました。同時に視聴できる数は環境に依存します。ハイクオリティな映像を楽しんでもらいたいので、この人数になりました」
「最先端の技術を駆使した今回のイベントは、技術支援したわれわれにとってもチャレンジでした。パルコさんやUnderworldさん、Tomatoさんの協力なしには実現できなかったでしょう。ITの力でこのようなイベントができたのは、とても光栄なことです」

   Gear VRはスマートフォンのGalaxy S6またはS6 edgeを装着して使用する。スマホとHMDの両方に搭載されている位置センサーを使用するため、人間の体の動きにちゃんと追随できるようになっている。

「『VRは酔う』という話をよく耳にします。それは視聴者の体の動きに合っていない映像が流れると、脳が処理しきれなくなるからです。その点、この商品はストレスなく楽しめるのではないでしょうか。ぜひ一度体験してみてください」

   3月19日から4月3日まで、渋谷パルコPART1・8Fのエスカレータ横イベントスペースで今回のライブのアーカイブ映像が備え付けのGear VRで見られる。参加は無料で、各日とも13~19時を予定している。4月4日以降も同様のスペースが同じ店内に設置される予定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中