ヴォカリーズだったために国境を越え世界的ヒットに...ラフマニノフ「ヴォカリーズ」

印刷

   先週は、メンデルスゾーンの「無言歌」を取り上げましたが、これは、もとからピアノソロの曲――つまり器楽曲――として作曲されたもので、器楽曲なのに、メロディアスなメロディを持つところからあえて「歌詞のない歌」という題名がつけられたのでした。一種の「みなし」題名だったわけです。

   しかし、今週取り上げる曲は、正真正銘の「歌詞のない歌」です。ロシアの作曲家、ラフマニノフのヴォカリーズです。歌詞がなくてどうやって歌うかというと、母音だけで歌うのです。「ア」や「ウ」という音だけで歌うのですね。どの母音を選択するかは歌手に一任されています。フランス語の「声を出す」という意味の言葉、「ヴォカリゼ」がもとになり、こういった「母音だけで歌う曲=歌詞のない歌」のことをヴォカリーズと呼ぶようになったのです。どちらかというと、言葉を持つ普通の歌を歌う前に、母音だけという簡単な条件の下で声を出す、というトレーニング曲的な側面も持つヴォカリーズですが、ラフマニノフは大胆にも、本来はジャンル名に近い「ヴォカリーズ」を曲の名前として正式採用したのです。大げさに言えば「ワルツ」という名前のワルツを作った―、というようなものです。

  • ヴォカリーズの楽譜。ピアニスト、Z・コチシュによるピアノ独奏版
    ヴォカリーズの楽譜。ピアニスト、Z・コチシュによるピアノ独奏版
  •  ヴォカリーズの楽譜。ピアニスト、Z・コチシュによるピアノ独奏版
    ヴォカリーズの楽譜。ピアニスト、Z・コチシュによるピアノ独奏版

歌曲集に3年後に追加された「特別な曲」

   ラフマニノフのヴォカリーズは歌曲集の中に収められています。彼の作品番号34の14の歌曲集の最後の曲、つまり第14曲としてヴォカリーズは世に出たのです。もちろん、他の13曲は普通に歌詞がついている歌曲です。1912年ごろの作曲と言われていますが、近年の研究では、この14曲目のヴォカリーズだけが、1915年に3年ほどもたってから作曲されて追加されたということになっています。やはり、他の曲とはちょっと距離を置いた「特別な曲」だったようです。

   歌曲ですから、通常は歌手――高いキーが出てくるので、女性ならソプラノ、男性ならテノールということになっていますが、ほとんど通常はソプラノで歌われます――とピアノ伴奏という編成で演奏されます。オリジナル初版の楽譜もそうなっているのですが、初演時は、ピアノ伴奏ではなく、ラフマニノフ自身のオーケストラアレンジで、つまり管弦楽伴奏で、この曲を献呈されたアントニーナ・ネジダーノヴァというソプラノ歌手によって歌われています。

さまざまな編曲が登場し人気爆発

   20世紀に作曲された曲ではあるのですが、もともと、ラフマニノフは「遅れてきたロマン派」と形容されるぐらいロマンチックな作風を持っていましたし、かつ、この曲は、ラフマニノフがグレゴリオ聖歌や、バロック時代のアリアのスタイルを参考にして、いわばそれらへのオマージュという形で作ったと思われるために、ロシアの哀愁と、古典音楽の端正さを持つ非常に甘美な曲に仕上がっています。ラフマニノフの存命中からこの曲は人気を博し、実に様々な編曲が登場しています。メロディの部分を歌ではなく、器楽、たとえばヴァイオリンやチェロ、フルートやトランペットといった弦楽器や管楽器が演奏し、それをピアノが伴奏するものがたくさんあり、一方で、メロディも含めてピアノだけで弾いてしまう独奏ヴァージョンも何人ものピアニストによって作られています。伴奏の部分も、ラフマニノフのオリジナル以外に他人によって管弦楽化されたものも存在します。現在では原曲の歌+ピアノより、異なる組み合わせの編曲版のほうが演奏機会が多いぐらいです。

   それだけ人気の爆発度合いがすごかった...といってもいいのですが、「ヴォカリーズ」だったことがその一因かもしれません。ロシア語、という他国人には難しい言語を使っておらず、「アー」や「オー」だけで歌われるので、誰にとっても理解しやすかったのです。音楽は国境を超える、とよく言いますが、この曲集の場合、「音楽は国境を超える、言葉は超えられなかった」...と多少シニカルに解釈してもよいのです。全14曲中、世界で愛されているのは、この「ヴォカリーズ」のみなのです。

    パラドックス的ですが、この曲は、言葉がないから、余計なことを考えずに、音楽が直接ハートに届くように聴こえるのです。歌の無い歌が、世界を感動させたのです。

本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール
私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でフプルミエ・プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目のCDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラマ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中