パイン果汁をたっぷり使ったチューハイ サントリー「こくしぼり」に新フレーバー登場

印刷

   サントリースピリッツは2016年4月26日から、「こくしぼり〈香熟(こうじゅく)パイン〉」を発売する。

   「こくしぼり」は果汁だけでなくベースとなるお酒にもこだわったチューハイで、豊かな果実感と深みのあるコクが特長。

   パイナップル果汁(20%)をたっぷり使用し、さらにパイナップルを漬け込んだ「パイナップル浸漬酒」も加えた。隠し味としてラムを加えることで、パイナップルの豊かな香りと濃厚な味わいを実現したという。

   パッケージには、濃い緑色を背景にパイナップル果実のイラストをあしらった。「パイナップル浸漬酒仕立て」と書かれた金色のアイコンをデザインすることで、「果実感と上質感を表現している」。

   350ml、希望小売価格は170円(税別)。

  • 隠し味にはラムを加えている
    隠し味にはラムを加えている
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中