2020年 10月 29日 (木)

北海道新幹線4時間2分の魅せどころ 新函館北斗駅はなぜ函館市でないのか

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

鉄道の音を楽しむ「音鉄」を提案

音鉄 - 耳で楽しむ鉄道の世界
音鉄 - 耳で楽しむ鉄道の世界

   鉄道には様々な魅力があり、様々なファンがいる。『音鉄 - 耳で楽しむ鉄道の世界』(著・片倉佳史、1728円、ワニブックス)は、そのタイトルの通り、鉄道にまつわる音を楽しむ「音鉄」の入門書である。

   たとえば、駅メロディ。「鉄道唱歌」「お猿のかごや」「線路は続くよどこまでも」など誰もがよく知る、列車が発車するのを知らせるメロディのこと。車掌の車内放送もその一つ。名調子や国訛りの面白さがある。蒸気機関車の汽笛や踏切の警報音は映画のシーンでもよく登場する。ことほど左様、実に様々な音がある。

   著者は「鉄道は常に何かしらの音とともにあり、音の中に存在しているとも言えます。私はこれをトレイン・サウンドスケープ(鉄道音風景)と名付けてみました」と語る。台湾在住の作家で、耳で聞く鉄道の面白さを広めくべく、録音機材を片手に日本をはじめ世界各地を巡っている。鉄道趣味の新しいスタイルだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!