2021年 6月 13日 (日)

『京都ぎらい』なぜ受ける 「洛外」育ちが本音トークぶちまけた

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

観光客にはわからない「腹のうち」

   生まれや育ちをもとにした優越感や差別意識。中華思想や華夷秩序。自分がそれらに敏感になり、とらわれるのは、自分の中にも、そうした心の動きがあるからだ。井上さんはそのことを認めたうえで「私をみょうな差別主義者にしてしまったのは、京都である」と自虐的に弾劾する。京都出身でありながら「京都人」ではないという悩ましくもアンビバレントな思いが、「京都ぎらい」というタイトルに凝縮する。

   国際的な調査で近年、「世界一の観光都市」の栄光をキープする京都。お客様にこころのこもった接遇をする「おもてなし」の本場のはずだが、一皮めくれば、「千年の都」の優越感がむき出しになる。一見の観光客ではわからない、京都人のいやらしさと腹のうちを「洛外者の悲哀」をベースに語りつくしたのが本書だ。積年のうっぷんが溜まっているので、「筆誅」の激しさはとどまるところを知らない。こんなことまで書いてしまうと、筆者はもう京都で生きていけないのではないか。思わず心配になってしまうほどだ。

   評論家の佐藤優氏は「京都の洛中の特殊性を語ることを通じて、日本人の思考の鋳型について論じた秀逸な文化論」と推薦文を書いている。洛中の選民・格上意識はなぜ、どのようにして醸成されたのか。同じ古都と言って奈良ではそうした話をあまり聞かない気がする。もし本書に「続編」が書かれるなら、そのあたりについてより詳しい論述と学問的解明を期待したいところだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!