「なだ万監修 旨みの日本茶」 老舗日本料理店が初めてアサヒグループ内で共同開発

印刷

   アサヒ飲料は、老舗日本料理店「なだ万」が初めてアサヒグループ内で共同開発した『なだ万監修 旨みの日本茶』を2016年4月12日に全国で発売する。

   食事と一緒に飲む時や、仕事で一息つきたい時に合う味わいを追求、日本人に好まれる"旨味のある味わい"と、食事に合う"後味と香り"の両立を目指した。

    にごりの旨みを引き立てる粉末茶と、蒸して発酵を止めるのではなく釜で炒ることで発酵を止める、九州地方の一部で残っている製茶方法ですっきりとした味わいとなる釜炒り茶など複数の国産茶葉を使用。アサヒ飲料のブレンド技術によって、香り高く旨味がありながら、すっきりとした後味を実現した。

  • なだ万監修 旨みの日本茶
    なだ万監修 旨みの日本茶
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中