自然な会話ができるぬいぐるみ...タカラトミー「なんでしってるの!?しゃべくりハッピー/ラッキー」

印刷

   タカラトミーは、会話ができるぬいぐるみ「なんでしってるの!?しゃべくりハッピー/ラッキー」を、2016年4月28日に全国の玩具店および直販サイト「タカラトミーモール」などで発売する。

   腹部と胸部に2種類のセンサーを搭載し、触れることで対話がスタート。ユーザーが発話した約300種類の特定の単語を聞き取る「音声認識機能」と、知らない単語でも何となく返答する「なんとなく対話システム」を備え、自然な会話を演出する。おしゃべり中にうなずく「うなずき機能」も搭載。おしゃべりに加え「うた」「むかしばなし」「ゲーム」などのモードで遊べる。

  • 性格の違うクマとイヌ、2種類をラインアップ
    性格の違うクマとイヌ、2種類をラインアップ

スマホを接続してプロフィールを設定すると、ユーザーに寄り添った会話が可能に

   無料アプリケーション「しゃべくりペット」をインストールしたスマートフォン(スマホ)と付属のコードで接続し、「名前」、「将来なりたい職業」、「嫌いな食べ物」など11項目の質問に答えてプロフィールを設定することで、ユーザーに寄り添った内容の会話が可能になる。設定は後から編集でき、子供の成長に合わせて更新できる。また、スマホがなくても初期設定の状態で基本的な会話を楽しめるという。

   電源は別売の単3形アルカリ乾電池×3本。ラインアップは"おっとり、ゆったり"な性格のクマ「ハッピー」と、"はきはき、明るい"イヌの「ラッキー」の2種類。

   希望小売価格は各9000円(税別)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中