ホテル椿山荘東京で「八十八夜」1日限り 本格的宇治茶のスイーツ味わうカフェフォレスタ

印刷

   ホテル椿山荘東京(東京都文京区)は立春から数えて88日目の新茶シーズン「八十八夜」である2016年5月1日限定で、本格的な京都の宇治茶のスイーツなどを味わう「宇治茶カフェ@フォレスタ」をカフェフォレスタで実施する。

   宇治茶の郷づくり協議会が認定する宇治茶カフェは、4月現在で京都府内に23店舗。充実したメニューだけでなく、歴史や文化、淹れ方等の説明ができる日本茶インストラクターやアドバイザーが在籍している。

   今回は首都圏初の試みとして、日本茶インストラクターから淹れ方や文化を教わりながら、最高級の宇治抹茶や、貴重な玉露を伝統的な茶器で楽しむことができる。

   ほかにも宇治抹茶のパフェや、摘みたての宇治茶の新芽を取り入れたスイーツなどをパティシエが考案。

   価格は宇治茶メニューが1200円、スイーツメニューが1800円から(税込)。

   さらに2組限定で、農林水産大臣賞や黄綬褒章、天皇杯など数ある受賞実績を誇る茶匠・下岡久五郎氏が目の前で玉露を淹れる特別席も用意。先着予約制で、午前12時から午後1時30分と、午後2時から午後3時30分の2部制。4月18日から予約を受付中。価格は1800円から(税込、サービス料別)。

  • 日本茶インストラクターと京都の本格宇治茶を楽しむ
    日本茶インストラクターと京都の本格宇治茶を楽しむ
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中