2021年 9月 19日 (日)

LCC乗継旅は一石二鳥!? 注目リゾート「ダナン」に香港観光付き弾丸ツアーで行ってきた(上)

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   羽田発着の香港旅行が気軽に楽しめることで人気の格安航空会社(LCC)、香港エクスプレス航空。同社便を利用した深夜発・早朝帰国の「弾丸旅行」が知られるが、ここ数年はLCCならではの安さと手続きの簡単さから、香港を経由した「乗り継ぎ旅行」にも注目が集まっている。

   J-CASTトレンドでは、これからメジャーになるとみられる、この「乗り継ぎ旅行」レポートのため、レジャー担当記者を派遣。運賃の安いゴールデンウィーク前のタイミングを狙い2016年4月中旬のある日に出発した。台湾、タイ、カンボジア...といくつかある乗り継ぎ先候補の中から選んだのは、同社が4月で就航1周年を迎えたベトナムのビーチリゾート、ダナンだ。ツアーの様子を2回に分けてお届けする。

  • 搭乗した香港エクスプレスのエアバスA320
    搭乗した香港エクスプレスのエアバスA320
  • 有料の機内食は、点心セットや福建風チャーハンなど中華メニューも揃う
    有料の機内食は、点心セットや福建風チャーハンなど中華メニューも揃う
  • 香港国際空港はとにかく広い。レストランやブランドショップも充実している。
    香港国際空港はとにかく広い。レストランやブランドショップも充実している。
  • 入国審査を受けたらエアポートエクスプレス(AEL)で市街へ
    入国審査を受けたらエアポートエクスプレス(AEL)で市街へ
  • 九龍駅で「インタウン・チェックイン」を利用
    九龍駅で「インタウン・チェックイン」を利用
  • 本場の味を堪能
    本場の味を堪能
  • 対岸の高層ビル群を一望
    対岸の高層ビル群を一望
  • ザ・ペニンシュラ香港へ
    ザ・ペニンシュラ香港へ
  • 搭乗した香港エクスプレスのエアバスA320
  • 有料の機内食は、点心セットや福建風チャーハンなど中華メニューも揃う
  • 香港国際空港はとにかく広い。レストランやブランドショップも充実している。
  • 入国審査を受けたらエアポートエクスプレス(AEL)で市街へ
  • 九龍駅で「インタウン・チェックイン」を利用
  • 本場の味を堪能
  • 対岸の高層ビル群を一望
  • ザ・ペニンシュラ香港へ

LCCとは思えない座り心地

   羽田-ダナン線の通常料金は、燃油サーチャージ込みで片道1万7300円~(別途諸税等必要)。安い日を探したり、不定期の割引セールでゲットしたりすれば、さらに抑えることができる。

   羽田発の便は「深夜1時」と「朝6時35分」の2つがあり、今回、記者は朝の便(UO625便)を選んだ。早起きはつらいが、その分、時間を有効に使える。眠い目をこすりながら5時前にチェックインカウンターに到着し、サクサクと手続きを済ませてエアバスA320に乗りこんだ。

   LCCといえば「座席の狭さ」がネックだが、香港エクスプレスはシートピッチが広いことで有名だ。

   実際に座ってみると、確かに従来のFSC(フルサービスキャリア)のエコノミーとそれほど差がない。座り心地も想像以上に快適で、足元に荷物を置く余裕もあった。約4時間20分のフライトには十分たえうるもので、到着直前までぐっすりと眠ってしまった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!