カルビー「ポテトチップス いかにんじん味」伊藤社長の出身地・福島の味を製品で再現

印刷

   カルビーは、福島県の郷土料理「いかにんじん」の味わいを再現した「ポテトチップス いかにんじん味」を2016年5月9日にコンビニエンスストアを除いた東日本エリアの販売店で限定発売する。

   同社の伊藤秀二社長兼任最高執行責任者(COO)が福島市(旧飯野町)出身であることから、福島県ゆかりのメニューをテーマに商品化。家庭料理として親しまれるいかにんじんの味を、試作を重ねてポテトチップスで再現した。いかパウダーやにんじんパウダーにこんぶパウダーやかつおぶしエキスパウダーを加えて、だしの風味を効かせている。いかのうま味と素朴な味わいが特長。

   内容量は55gで価格はオープン。6月上旬までの限定販売予定。

  • いかのうま味と素朴な味わいが特長
    いかのうま味と素朴な味わいが特長
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中