オンキヨーの10.1型業務用タブレットにOS「Android 5.1」モデル 通信やバッテリー性能など強化

印刷

   オンキヨーの情報機器事業を手がけるMOLジャパン(東京都港区)は、10.1型Androidタブレット「TA2C-74Z8」を2016年5月9日に発売する。

   10点マルチタッチ対応10.1型ワイド(1280×800ドット)液晶ディスプレイを搭載。側面や背面に汚れが目立ちにくいシルバー塗装仕上げ。メモリーは2GB、内蔵ストレージは32GB。OSは「Android 5.1」をプレインストールする。なお、業務用端末向けとして、「Google Playストア」や一部のGoogleサービスは非対応となっている。

   複数のアンテナを組み合わせてデータ送受信の帯域を広げる「2×2 MIMO」対応、IEEE802.11ac/a/b/g/n準拠の無線LANを搭載し、接続の安定性や通信の高速性を向上。従来比2.5倍以上の「放充電800サイクルバッテリー」を採用する。充電中でも使用可能な独立USB ポート(2.0、3.0各1)を備える。底面に接点式「拡張ポート」を装備し、夏発売予定の別売オプション「充電クレードル」に対応する。

   直販サイト「Onkyo Digital Solutions」での価格は2万9000円(税別)。

  • 業務用途向けに一部機能を絞る
    業務用途向けに一部機能を絞る
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中