2018年 7月 19日 (木)

ワールドタイム機能を独創的に表現 カシオ「EDIFICE」から「EQB-600D」発売

印刷

   カシオ計算機は、高機能ウオッチ「EDIFICE(エディフィス)」の新製品として「EQB-600D」を2016年5月14日に発売する。

   ワールドタイム機能を目で見て楽しむという発想のもと、地球をモチーフにしたドーム型立体インダイアル「3D Globe Dial」を採用。8時側のインダイアルで設定したワールドタイムの時刻と連動し、まるで地球が自転するように24時間かけて一周する。インダイアル上のカーブ形状の針は、ワールドタイムの都市のタイムゾーンを指し示し、針が上半分に位置するときは18時~6時の夜間、下半分では6時~18時の日中を表現。昼夜を感覚的に把握できる。

   スマートフォンとのリンク機能をさらに進化させた時刻取得システム「Accurate Time System」を開発し、「EQB-600D」と連携するアプリ「CASIO WATCH+」(ダウンロードが必要)に組み込み済み。スマホでインターネット上で時刻情報を提供するタイムサーバーにアクセスし、現在位置におけるタイムゾーン情報とサマータイム情報を抽出し時計に送信して表示を新たにできる。

   希望小売価格(税抜)は5万円。

  • EQB-600D-1A2
    EQB-600D-1A2
  • 3D Globe Dial
    3D Globe Dial
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中