2020年 11月 28日 (土)

サイクリングの魅力の陰に 「危険な乗り物」自転車の事故とトラブル

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   風薫る5月は行楽のシーズン。22日は「サイクリングの日」だ。東京オリンピックが開催された1964年の5月のこの日、日本サイクリング協会が設立されたことにちなむ。自転車は健康に役立ち、環境にやさしい乗り物として多くの人に愛好されている。だが最近、自転車の事故やトラブルが目立つようになった。加害者になっても被害者になっても、取り返しのつかないことになりかねない。自転車の陰の部分を知っておきたい。

    J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチhttps://books.j-cast.com/)」でも特集記事を公開中

自転車はどこを走ればいいのか

『それでも、自転車に乗りますか?』(著・佐滝剛弘、842円、祥伝社)
『それでも、自転車に乗りますか?』(著・佐滝剛弘、842円、祥伝社)

   自転車は安心で手軽な乗り物と思っていたが、自転車のスピード化で車やオートバイと同じような怖さを感じることもある。重大事故の加害者になれば、以前には考えられなかったような高額な賠償を請求される。

   自転車を危険な乗り物として認識したうえで、具体的な解決策を考えようというのが『それでも、自転車に乗りますか?』(著・佐滝剛弘、842円、祥伝社)である。法律では自転車は「車両」であり、「車道通行」が原則になっている。だが、多くの自転車が歩道を通り、歩行者との摩擦も絶えない。本書はこの曖昧なところに問題点があると指摘する。

   著者は学生時代に自転車部で活動、1981年度の東日本学生サイクリング連盟理事長を務めた。自分自身、損害賠償をともなう自転車事故を起こし、さらに家族も加害者となったという苦い経験がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!