「健康」と「座る」を考える 27日に東京・丸の内で医師らがトークイベント

印刷

   日本人は世界の中でも座っている時間が長いといわれている。長時間座りっぱなしのライフスタイルは健康によくないが、上手に健康を維持できる方法はないのだろうか。

   ジェイ・キャストとDAA(アンチエイジング医師団)が共同運営する医療・健康・美容情報サイト「AgingStyle(エイジングスタイル)」は、「"座る"のデザイン」をテーマにしたトークイベントを2016年5月27日に開催する。

   パネリストは、脊椎の病気を専門に診療、研究してきた北里大学病院整形外科の高相晶士教授、米国の世界的な家具ブランド「ハーマンミラー」の日本法人代表である松崎勉氏、グッドデザイン賞審査員も務める家具デザイナーの藤森泰司氏。座ることに関する最新の研究や椅子のデザインと健康について、それぞれの立場からディスカッションする。

   会場は東京・丸の内にあるハーマンミラーストア。19時開場、19時半開始。定員40人。参加費1000円(トークイベント終了後の懇親会は別途500円)。申し込みは電子メールで、「5/27 Aging Styleトーク参加」と明記の上、名前、参加人数、連絡先を記入し、gdm@g-mark.org まで送付。

    トークイベントは、GOOD DESIGN Marunouchiとの共催で、今回が2回目。近年、注目度が高くなっている「健康をつくるデザイン」とは何かを医療従事者やデザイナー、メーカーらと共に探る。隔月開催で、今後は睡眠や食をテーマに行う予定。

  • 会場は東京・丸の内のハーマンミラーストア
    会場は東京・丸の内のハーマンミラーストア
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中