100人同時の名刺交換はこうやれ!名刺アプリ「Eight」PRムービー公開

印刷

   "上司"役の松重豊さんが、若い"部下"を演じる満島真之介さんに「それさぁ、早く言ってよぉ~」と迫るテレビCMシリーズが印象的な、クラウド名刺管理サービスのSansanがこのほど、名刺アプリ「Eight(エイト)」のPRムービーをYouTubeなどで公開し話題になっている。

  • 名刺アプリ「Eight」のPRムービーのワンシーン
    名刺アプリ「Eight」のPRムービーのワンシーン

「ビジネス全体にポジティブな変化を」

   「Eight」は、名刺管理に加えてビジネス面から役立つとみられるソーシャル機能を採り入れたアプリ。名刺をスマホのカメラなどで撮影すると情報が正確にデータ化されクラウド上に保存。名刺情報はいつでもどこでもスマホやPCでアクセスできるほか、オンライン名刺交換機能を持ち、情報は常に最新の状態に更新される。

   「Eight」の目指すところは「名刺の受け渡しという日常的な行為に革新をもたらし、ビジネス全体にポジティブな変化をもたらすこと」。PRムービー(2016年5月17日公開)は"スマートすぎる名刺交換"がコンセプトになっている。

   まず、2人から始まり、さまざまな人数による"スマートで美しい"振付で演出された名刺交換。人数が増えるにつれて振付は複雑になるが整然さ失われない。バレエのような流麗なアクションやマジックのような仕掛けとともにテンポよく進行。

    ラストは総勢100人。どうするのか...、と思うまもなく全員が一斉にスマホを取り出し「Eight」を起動、名刺交換は一瞬で完了。"壮大な前フリ"があっただけに、「Eight」のスマートさがよく伝わってくる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中