2020年 8月 14日 (金)

1年に3回ある「主婦休みの日」...まったく不要な"セレ部族"ママもいる

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   主婦ら女性のための生活情報を届けるフリーペーパーやフリーマガジンを発行するサンケイリビング新聞社は2009年4月に日本記念日協会に「主婦休みの日」を申請し認定された。1年に1日ではなく、なんと3日もある"主婦思い"。正月休みあけの「1月25日」とゴールデンウイークあけの「5月25日」に、夏休み明けの「9月25日」。家族のケアに追われた"ホリデーイベント"後にリフレッシュを提案したものだ。この25日の今年2度目のその日をとらえて、家事や育児でがんばりながら、おしゃれもしっかり楽しむ主婦たちの姿を描いたエッセイ、ノンフィクションなど3冊をご紹介。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチhttps://books.j-cast.com/)」でも特集記事を公開中。

家事の極意とコツがまるごとわかる家事入門エッセイ

『可愛くなる家事』(著・高橋ゆき 1296円、祥伝社)
『可愛くなる家事』(著・高橋ゆき 1296円、祥伝社)

   テレビなどで活躍中の家事研究家で、家事代行のリーディングカンパニー「ベアーズ」の専務取締役、高橋ゆきさんが、夫婦円満を呼び込む家事の極意とコツを伝授する家事入門コミックエッセイ『可愛くなる家事』(著・高橋ゆき 1296円、サンマーク出版)。

   「家事は"術"ではなく"道"」「小さな部分を丁寧に行う。家事はその練習」という高橋さん手にかかれば、家事は「やらなきゃいけないもの」から「やりたくてたまらないもの」に変わっていくという。

   本書の中で、高橋さん流の家事指導を受けるのは、新米主婦イラストレーターのヤマサキミノリさん。家事劣等生を自認するヤマサキさんの奮闘ぶりは、読めばまるで自分のことのように共感し、思わず応援してしまうはず。

   「最強の浮気防止バリアは、アイロンよ」「玄関はキスの似合う場所にね」「生クリームベッドで、彼をその気にさせなくちゃ」といった高橋流の名セリフが散りばめられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!