目が疲れにくい「ハイスピードIGZO」液晶搭載、省電力で3日以上の電池持ち 「AQUOS ZETA」

印刷

   NTTドコモは、シャープ製スマートフォン「AQUOS ZETA(アクオス・ゼータ) SH-04H」を2016年6月上旬に発売する。

   目の疲れにくさへの効果も実証されたという約5.3型「ハイスピードIGZO」液晶ディスプレイ(1920×1080ドット)を搭載し、動きの激しい動画や画面スクロール時の文字が見やすい。低消費電力化と画面の更新頻度をアプリごとに変えて電池消費を抑える「液晶アイドリングストップ」で3日間以上の電池持ちを実現したほか、残量20%からでも1日持つという「長エネスイッチ」を搭載する。

   約2260万画素メインカメラはF1.9レンズ、光学式手ブレ補正を備え、薄暗い室内でもブレを抑えクリアな写真や動画が撮影可能だ。リコーの画像認証プログラム「GR Certified」を取得している。

   歩数データや生活習慣時刻などからダイエットのアドバイスや応援メッセージを話しかけてくれるなど、人工知能「エモパー」が4.0に進化。高音質通話「VoLTE(HD+)」対応。OSは「Android 6.0」、メモリーが3GB、内蔵ストレージが32GB。IPX5/8相当の防水、IP5X相当の防塵機能を備える。バッテリー容量は3000mAh。

   カラーはホワイト、グリーン、ブラックの3色。

  • 低電力化や省電力機能で3日以上の電池持ちを実現
    低電力化や省電力機能で3日以上の電池持ちを実現
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中