車検、修理、保険をワンストップで...デーブ・スペクターも太鼓判の「ドライバーズリンクプログラム」

印刷

   東燃ゼネラルグループのEMGマーケティング合同会社は、全国にある同グループのサービスステーションで車検や修理の申し込み、各種メンテナンスサービスを提供する新しい試み「Drivers' Link(ドライバーズリンク)プログラム」を開始する。

   2016年5月31日に都内で行われた記者発表会では、ゲストとして放送プロデューサーでタレントのデーブ・スペクターさん(62)とタレント、優木まおみさん(36)が登場し、新サービスの魅力をPRした。

  • 発表会にかけつけたデーブさんと優木さん
    発表会にかけつけたデーブさんと優木さん
  • オリジナルカラーのトヨタハリアーもお目見え
    オリジナルカラーのトヨタハリアーもお目見え
  • 今澤豊文副社長
    今澤豊文副社長
  • プレゼント応募期間は7月31日まで
    プレゼント応募期間は7月31日まで

優木まおみ「気軽にクルマのケア相談ができるのが魅力」

   ドライバーズリンクプログラムは全国の「エッソ」「モービル」「ゼネラル」マークのサービスステーション1000店舗を窓口として、各種サービスをまとめて受け付けるトータルカーケアサービスだ。車検や修理、保険の加入などこれまで個別に問い合わせて手続きを行う必要があった各サービスの窓口を一本化することで、利用者は車に必要なメンテナンスの相談を普段使っているサービスステーションで手軽にできるようになる。

   EMGマーケティング合同会社の今澤豊文副社長は、プログラムで車検や修理などを請け負うのは同社が提携する信頼性の高い業者で、利用者のニーズに合わせて高品質なサービスをリーズナブルな価格で提供できる点が強みだとアピールした。また店側としては、複数のサービスの窓口になることで管理する顧客情報を異なるサービス間で共有し、よりスムーズなトータルケアを行えることをセールスポイントにさらに多くの顧客獲得につながるメリットがあるという。サービスの本格的な開始は今年9月ごろを予定している。

   大の車好きで、毎週ハンドルを握るというデーブさんは

「昔カスタムカーに乗っていた時は、車体のトラブルでサービスステーションに行って、店の人とやり取りするのが楽しかった。最近はそんなことはあまりなくなったけど、ドライバーズリンクプログラムは何か車にあったらサービスステーションで気軽に相談できるという点が新しいし、良いきっかけになると思います」

   2歳になった長女としょっちゅう車で遊びに行くという優木さんは

「メカニックにあまり詳しくないので、メンテナンスのための気配りを自分でやるのは難しいです。かといって、ちょっとしたことでディーラーに持っていくのは敷居が高い。そんな時に、サービスステーションに気軽に相談できるというのは本当に便利だと思います」

と語った。

   ドライバーズリンクプログラムの開始にあたり、クイズに答えると抽選でオリジナルカラーのトヨタハリアーGRAND(ガソリン車)4WDが当たるプレゼント企画を行う。キャンペーンサイトまたははがきで7月31日まで応募を受け付けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中