2019年 1月 21日 (月)

和歌山の酒造メーカーからウメとオレンジ風味の"フレーバードウイスキー"「プラミア」

印刷

   和歌山の酒造メーカー・中野BCは、フレーバードウイスキー「PLUMIA(プラミア)」を2016年6月5日に発売。

   "フレーバードウイスキー"は、ウイスキーに新たな風味を加える新ジャンル。

   贅沢なスコッチウイスキーのシングルモルトに、和歌山のブランド品種「南高梅」のなかでも、2Lサイズ(約4cm)以上と大粒で果肉が厚く柔らかい、熟した果実のみを濃縮した果汁を加えている。

   南高梅ならではのすっきりとした酸味(豊富なクエン酸)がスコッチを爽やかにし、少量のオレンジピールのエキスが、飲み口をフルーティーにしている。飲むと果実の味わいが口に広がり、バニラのような芳醇な味や独特のスモーキーな香りを楽しめる。

   内容量は720ml。価格(税込)4320円。

  • 心地よい余韻が長く残る
    心地よい余韻が長く残る
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中