2021年 5月 19日 (水)

「寄席の日」に読む...噺家64年、笑点50年「歌丸 極上人生」/次世代名人候補らの本音

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

この時代に「落語」はどんな意味をもつのか?

『柳家三三、春風亭一之輔、桃月庵白酒、三遊亭兼好、三遊亭白鳥 「落語家」という生き方』(著・広瀬和生、1836円、講談社)
『柳家三三、春風亭一之輔、桃月庵白酒、三遊亭兼好、三遊亭白鳥 「落語家」という生き方』(著・広瀬和生、1836円、講談社)

   1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日、生の高座に接し、自ら落語会のプロデュースも手掛けるという洋楽のヘヴィメタル専門月刊誌「BURRN!」の編集長で、落語評論家でもある広瀬和生さんの著書『柳家三三、春風亭一之輔、桃月庵白酒、三遊亭兼好、三遊亭白鳥 「落語家」という生き方』(著・広瀬和生、1836円、講談社)。

   東京都世田谷区の北沢タウンホールで2012年7月~13年7月、14年3月~15年10月の間、ほぼ月に1度行われた落語会「この落語家を聴け!」で、人気落語家5人を相手に行ったインタビューをまとめたもの。下積み時代、師匠への思い、人間関係、ブレイクのきっかけや落語家としての苦しみ・楽しみなど貴重な本音トークが満載。

   実際にその高座を聞いて人でなければわからないような質問から、ほかではなかなか聞き出せないディープな話が展開している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!