2020年 9月 24日 (木)

今どきは「お父さん検定」「専業主夫」応援も...「父の日」には「黄色いバラ」と「ありがとう」忘れずに

あのやずやの『にんにくしじみ』が半額に!?

   6月の第3日曜日は「父の日」。今年(2016年)は19日にあたる。20世紀の初めアメリカで、男手ひとつで6人の子どもを育て上げた父親に感謝したのが始まりとされる。日本では戦後に広まった。贈り物には黄色いバラをといわれているが、「母の日」のカーネーションに比べるともうひとつだ。父親たちも寂しく思っているかもしれない。「いつも、ありがとう」と一言いえば、どんなに喜ぶことか。父親の気持ちを伝えてくれる3冊を紹介する。

    J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチhttps://books.j-cast.com/)」でも特集記事を公開中。

「お父さん、みてみて!」の声を聞いて

『父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない』(著・布施太朗、1404円、三輪舎)
『父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない』(著・布施太朗、1404円、三輪舎)

   父親が子どもと思いっ切り遊べるのは、子どもが幼稚園の年長くらいから小学生高学年にさしかかる頃まで。たった5、6年しかない。かけがえのない時期をぼんやり過ごすのはもったいない。ツイッターでつぶやいたところ、「言われてみればそうだ」「はじめて気づいた」と話題になった。

   『父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない』(著・布施太朗、1404円、三輪舎)は、そんな話の中から生まれた。「お父さん、みてみて!」と子どもが訴えるのは、初めて鉄棒のさかあがりをした時のこと。「パパすごい!」は、パパがホームランを打った時。子どもはこんなシーンを生涯忘れない。こんな時は、父親も子どもをしっかり見つめ、精いっぱい遊んでほしい。難しい時期の思春期になるまでに、と呼び掛ける。

   内容は、「オトン(父親)になるまで」「オトンの日々」「オトンとでかける」「オトンの背中」「オトンと旅」など、ふだんの具体的なエピソードをまとめたものだ。それぞれ興味深く、それぞれの家庭で参考になりそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!