ホンダ「CR-Z」特別仕様車「α・Final label」 生産終了で感謝の気持ち

印刷

   ホンダは、スポーツタイプのハイブリッドカー「CR-Z」に特別仕様車「α・Final label(アルファ・ファイナルレーベル)」を設定し2016年6月10日に発売した。

   「CR-Z」は10年2月に販売を開始。優れた燃費性能とスポーティな走り、先進性のあるデザインなど新たな価値を持ったハイブリッドカーとして多くの人に支持されてきたという。発売以来、累計約4万台を販売してきたが16年をもって生産を終了することとなった。

   精悍で落ち着きのあるブラックインテリアを採用。また、専用マット塗装の17インチ軽量アルミホイールやロゴ入りアルミ製コンソールプレートなど魅力ある装備が特長だ。さらに、特別色として「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」(モノトーン)を設定。これまでの感謝の気持ちを表した特別なモデルとなっている。

   価格は280万円(税込)。

  • これまでの感謝を込めた特別なモデル
    これまでの感謝を込めた特別なモデル
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中