2020年 8月 5日 (水)

69年前の6月24日、世界で初めて"UFO"目撃...いまだその謎が解明されないナゾに迫る

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「6月24日」は「空飛ぶ円盤記念日」あるいは「UFO記念日」「UFOの日」とされる。1947年の同日にアメリカで実業家が飛行機で移動中に"空飛ぶ円盤"を目撃したことがその由来。これが世界で初めての「UFO目撃談」とされ、マニアや愛好家らが6月24日に天体観測をするようになった。なお「UFO」は「Unidentified Flying Object(アンアイデンティファイド・フライング・オブジェクト)」の略語で「未確認飛行物体」を意味する、航空あるいは軍事用語。現代でもまだ「UFO」の謎は"未確認"のままだが、はたして「空飛ぶ円盤」などは本当に宇宙人の乗り物なのだろうか。アメリカ大統領選の民主党候補に確定したヒラリー・クリントンさんは、当選したあかつきには「UFO情報の公開」を約束しているという。今回はUFOの日にちなんで、地球外知的生命体の謎からSF小説、スピリチュアル本まで、謎だらけの3冊をご紹介。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチhttps://books.j-cast.com/)」でも特集記事を公開中。

公開された米空軍UFO調査機関の超機密情報が教えてくれる謎の世界

『眠れないほど面白いUFO 9割方、これは本当だ!:「地球外知的生命体」の謎』(著・並木伸一郎、648円、三笠書房)
『眠れないほど面白いUFO 9割方、これは本当だ!:「地球外知的生命体」の謎』(著・並木伸一郎、648円、三笠書房)

   「未確認飛行物体、UFO。それは宇宙の彼方、何光年も先から飛来する未知なる知的生命体の乗り物なのか。未来からの来訪者が操るタイムマシンなのか。それとも、極秘裡に開発された新型兵器なのか......」

   UFO、UMA(Unidentified Mysterious Animal=アンアイデンティファイド・ミステリアス・アニマル、未確認動物)を含む超常現象・怪奇事件の研究者であり、世界最大というUFO研究ネットワーク、MUFON(Mutual UFO Network、ム―フォン)の日本代表である並木伸一郎さんの"眠れないほど~シリーズ"の『眠れないほど面白いUFO 9割方、これは本当だ!:「地球外知的生命体」の謎』(著・並木伸一郎、648円、三笠書房)では、プロジェクト・ブルーブック(米空軍UFO調査機関))の秘密情報を公開し、UFOの真実に迫る。

   「神の啓示か、人類への警告か? 岩のドームに現われたUFO」、「金星人オーソンがアダムスキーに伝えた「宇宙哲学」とは?」、「ペンタゴン、CIA、FBI......の『UFO隠蔽工作』」など、読みはじめると止まらなくなること必至!

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!