"操縦回転系"アトラクション「テンテコマイ」ってなんだ 富士急ハイランド5年ぶり絶叫マシン

印刷

   富士急ハイランドは2016年7月16日に"操縦回転系絶叫アトラクション"という「テンテコマイ」をにオープンさせる。地上約32mで旋回しながら、翼を操縦しライドを横回転させ、アクロバティックなスリル体験ができるアトラクション。

   2011年に、最大落下角度121度のローラーコースター「高飛車」(現在もなお、ギネス世界記録保持中)を導入して以来、5年ぶりのスリルアトラクション導入。

    一人乗りの"ライド"がに約32mの高さに上昇。各ライドに取り付けられた巨大な翼を自分で動かすと、ライドが右→左→右→左とゆらゆらと動き始め、振れ幅が大きくなるとライドは横回転を始める。風に乗ったライドは動きをはやめ、まさに「テンテコマイ」な状態になるという。

  • “操縦回転系”絶叫アトラクション「テンテコマイ」
    “操縦回転系”絶叫アトラクション「テンテコマイ」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中