2020年 5月 27日 (水)

アメリカ「独立記念日」に考える...イギリスの「EU離脱記念日」はいつになるのか

印刷

   「7月4日」はアメリカの独立記念日。新大陸の13の植民地がそれまで宗主国であるイギリスから独立したのが1776年のこの日だ。アメリカ各地では毎年、盛大にお祝いのイベントが行われている。当時の一方の"主役"であるイギリスは、アメリカ独立から240年目の節目の2016年、欧州連合(EU)から"独立"することを決めた。今回はアメリカの「独立記念日」を機会に、"独立"をキーワードに歴史を振り返り、世界の将来を考えるうえで参考になる3冊を紹介。

    J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチhttps://books.j-cast.com/)」でも特集記事を公開中。

アメリカの独立革命をコンパクトにわかりやすくまとめた入門書

『アメリカ独立革命』(著・ゴードン・S・ウッド、訳・中野勝郎、2808円、岩波書店)
『アメリカ独立革命』(著・ゴードン・S・ウッド、訳・中野勝郎、2808円、岩波書店)

   ブラウン大学名誉教授で、アメリカ歴史学の第一人者であるゴードン・S・ウッド氏の著書『アメリカ独立革命』(著・ゴードン・S・ウッド、訳・中野勝郎、2808円、岩波書店)。

「起源/人口の増加と移動、経済発展」
「アメリカの抵抗/ブリテンの巻き返し、帝国論争」
「革命/独立宣言、自由のための避難所」
「憲法制定と戦争/邦憲法、独立のための戦争」
「共和主義/平等、新しい世界秩序」
「共和主義社会/戦争の影響、革命の影響、反奴隷制」
「連邦憲法/危機の時代、フィラデルフィア会議」

   ――の全7章で、革命の起源から連邦憲法の成立までをたどりながら、全体像をコンパクトに描いている。

   ブリテンの帝国システムの中で発展したアメリカ植民地は、本国とどのように対立し、なぜ独立を選ぶことになったのか...。独立戦争の過程で広がりをみせた共和主義の思想は、アメリカ社会をどのように変えていったのか...。アメリカ独立の全貌が見えてくる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!